カツオのたたき 味噌オリーブオイルドレッシングで

 

【材料】 (作りやすい分量)

  カツオの刺し身 1さく

  ニンニク 1片

  味噌 大さじ1

  みりん 大さじ1と1/2

  白ワインビネガー 大さじ1

  谷中生姜(または新生姜) 適量

  水菜、セロリ、みょうが 各適量

  サンタテア・エキストラバージンオリーブオイル

  "オリーブ ネーレ" 大さじ3

  エシャレット 3〜4本

 

【作り方】

  1. カツオに軽く塩(分量外)をふり、冷蔵庫で5分おく。
  2. 水菜は3cm長さにカット、セロリは筋を取って薄切り、みょうがは千切りにする。
  3. エシャレットと谷中生姜はみじん切りにする。ニンニクは薄切りにする。
  4. フライパンにオリーブオイル大さじ1と③のニンニクを入れ、弱火にかけ、ニンニクが色づいたら取 り出す。①のカツオをキッチンペーパーなどで水けを拭き取り、全面の表面のみ焼く。表面の色が変わったらす ぐに取り出す。
  5. いったん火を止めて、オリーブオイル大さじ2、味噌、みりん、ビネガー、エシャレット、谷中生姜 を入れ、よく混ぜ合わせる。再び弱火にかけ、ひと呼吸したら火を止める。
  6. カツオを1cm弱の厚さに切り、②と一緒に器に盛る。⑤を回しかけ、④のニンニクチップを散らす。

*このレシピのカツオは焼いたあと氷水で冷やさないので、余熱で火が通り過ぎないよう、ささっと焼くように!

*みりんやビネガーは、味をみながらお好みに調整を!

 

是非お試しください。

 

 【レシピ提供フリーランスで編集関係の仕事に携わるkuricoさん】

この時期、旬と言えばカツオですね!

定番の新玉ねぎや生姜、大葉、ポン酢醤油...で頂くのもいいけれど、 今回は、おいしいオリーブオイルに味噌と香味野菜をたっぷり合わせた、 味噌ドレッシングをご紹介します。

サンタテアの"オリーブ ネーレ"は、 魚介や和の食材と相性バツグン。

旨みの濃いカツオに負けない、

まろやかなコクと甘みのトスカーナ産"オリーブ ネーレ"が、 味噌の塩気とワインビネガーのフルーティーな酸味を絶妙にまとめてくれます。

時季物の谷中生姜は、

さわやかな辛みが初夏の味わい。

エシャレットも味噌と合うので、

ぜひお試しを。

このドレッシングは、

豆腐にもぴったり! また白ワインビネガーを赤ワインビネガーに替えれば、 ローストビーフにもおすすめですよ。

 

このレシピに使っていただきたいおすすめの美味しいエキストラバージンオリーブオイルは:オリーブ・ネーレ

 

美味しいオリーブオイル:オリーブ・ネーレの詳しいご説明はこちら。


塩麹鶏のホットサラダ オリーブオイルと粒マスタード

【材料】(2人分)

  鶏ささみ      3本

  春菊        適量

  椎茸        3枚

  塩麹        大1

  酒・水       各適量

  粒マスタード    適量

  サンタテア オリーブオイル

  ”オリーブ ヴェルディ” 適量

 

【作り方】

  1. ささみは筋を取り、数カ所切り目を入れて塩麹をもみ込み、冷蔵庫で30分以上おく。
  2. 春菊は若葉部分を摘み、洗ってざるにあげ、水けをきる。
  3. ①を耐熱容器に入れ、酒を振り、ひたひたより少なめになるくらいの水を加えてラップをかけ、電子レンジ500Wで5~6分加熱する。(途中で一度裏返し、加熱ムラを防ぐ。ささみの大きさにもよるので、様子をみながら加熱時間の調整を)
  4. 椎茸をグリルで、焼き色がつくまで焼く。
  5. ③を小さく裂き(熱いのでご注意! 菜ばしやフォークを使ってもOK)、④を細切りにし、②と一緒にサラダボウルに入れる。
  6. 粒マスタードを加え、サンタテア ”オリーブ ヴェルディ”をたっぷり回しかけ、混ぜあわせれば出来上がり!

レシピ提供フリーランスで編集関係の仕事に携わるkuricoさん】

 

春菊のサラダは未体験」という方に。ぜひともお試しいただきたいのが今回の一品。

サラダ用春菊や葉先のまるいタイプが手に入れば、そちらを。  

普通の春菊でも、もちろんOKです。 

先端の、柔らかい若葉を使うといいですよ。

生の春菊は食感がとてもみずみずしく、野生のハーブのようなワイルドな風味に、きっと驚かれるはず!

何より、サンタテアのトスカーナ産オリーブオイル ”オリーブ ヴェルディ” との相性が抜群なんです。それもそのはず、なんと春菊の原産地は地中海地方だったんですね~。

塩麹のやさしい塩加減と粒マスタードの酸味、”オリーブ ヴェルディ”の軽やかなコクは、どんなドレッシングにも負けない組み合わせ。 グリルした椎茸の香ばしさも、たまりません。

写真では春菊と鶏肉を分けて盛りつけしましたが、おうちではサラダボウルでサクッと混ぜあわせ、たっぷりとオリーブオイルをかけて召し上がれ!

このレシピにおすすめの美味しいオリーブオイルは オリーブ・ヴェルディ、フラントイオ種とモライオーロ種の若いグリーンの実だけを搾り、軽やかでいてフレッシュな辛みも味わえる、大人気の定番オイルです。

オリーブ・ヴェルディの詳しいご説明はこちら。


牡蠣の味噌汁

【材料】 (2人分)

  だし汁                  500ml

  牡蠣                      適量

  米味噌                  大さじ1

  赤味噌                  小さじ1

  豆乳(無調整)          80100ml

  片栗粉                   適量

  酒                         適量

  三つ葉(あれば)        適宜      

  サンタテア・オリーブオイル  

  "オリーブ ネーレ"     適量

 

【作り方】

  1. 牡蠣はボウルに入れ、水でよくふり洗いをして、ざるにあげ、軽く酒をふっておく。
  2.  鍋にだし汁を入れ火にかける。
  3. ①の牡蠣をキッチンペーパーなどで水けを拭き取り、片栗粉を薄くまぶす。
  4.  だし汁が煮立ってきたら、③の牡蠣の余分な粉をはたいてから、鍋に入れ、中に火が通るまで3~4分煮る。
  5.  いったん火を止めて、味噌を溶き入れる。
  6.  再び火にかけ、鍋の縁がフツフツしてきたら、豆乳(量はお好みで調整を)を入れて混ぜあわせ、火を止め、器に盛る。無調整豆乳は煮立てると、モロモロと分離してくるのでご注意!
  7. 仕上げにサンタテアの"オリーブ  ネーレ"を回しかけ、あれば吸い口に三つ葉などを添える。豆乳で薄まるぶん、赤味噌を少し合わせてコクを出しましたが、味噌や量はお好みで。

 【レシピ提供フリーランスで編集関係の仕事に携わるkuricoさん】

 

今回ご紹介するのは、お味噌汁。

寒い日が続くこの時期は特にうれしい、和のおうちご飯の王様!ですよね。

 

野菜、豆腐、肉、魚介……

具は何でもござれと、ふところの深いお味噌汁ですが、今回は豆乳とオリーブオイルで大変身。

 

具はシンプルに牡蠣のみで。

寄せ鍋に入れたり、フライにしたりはおなじみですが、お味噌汁に仕立てるのも意外にイケるんですよ。

 

片栗粉の薄ごろもで、牡蠣のプリプリ感と、つるんとした舌触りが存分に味わえます。

 

そして牡蠣の旨みを包むクリーミーな豆乳、まろやかなコクと香りをプラスしてくれるオリーブオイル。

口に広がる三重奏は、冬の至福!

 

サンタテアのエキストラ・バージン・オリーブオイル"オリーブ ネーレ"は、温かい汁物やスープの仕上げに回しかけると、ナッツのような甘くコクのある熟成ブラックオリーブの香りがフワッと立ちのぼります。

 

オリーブオイルのテイスティングでも、オイルを入れた専用グラスを手のひらで包み温めて、香りを鑑定します。これは常温のときより、さらに香りの特徴が感じられるから。

 

まさに、おいしいオリーブオイルの条件でもある"香り"をたっぷり満喫できる、お味噌汁+オリーブオイル。

この冬の定番のひとつに、ぜひ加えてみてくださいね。

 

おなかも心もあたたまる一杯を

どうぞ召し上がれ!

 

このレシピに使っていただきたい美味しいおすすめのオリーブオイルは:オリーブ・ネーレ

 

オリーブ・ネーレの詳しいご説明はこちら。


しっとり粉ふきいも

【材料】 (2人分)

  ジャガイモ   中2個

  ニンジン    小1本

  ホールコーン缶

  天然塩    少々

  サンタテア・オリーブオイル

  オリーブ ネーレ 適量

 

【作り方】

  1. ジャガイモは2〜3cm大、ニンジンは約1.5cm角に切る。
  2. 鍋に①のニンジンと水を入れ、ゆでる。
  3. 2~3分したら、①のジャガイモを加え、ともに柔らかくなるまでゆでる。
  4. 鍋の湯をきり、塩をふってサッと混ぜ、再び火にかけ、鍋をゆすりながら水分をとばし ていく。
  5. 完全に水分をとばしきらずに、ジャガイモのくずれた衣が、しっとりとニンジンにまと わりつくらいで火を止める。
  6. コーンを加えて軽く混ぜ、器に盛り、オリーブオイルをたっぷり回しかける。 

*あえてコショウは加えていません。サンタテア・オリーブオイルの風味が、ジャガイモの 滋味とニンジンの甘みをぐっと前面に引き出してくれるので、どうぞご堪能あれ!

 

 【レシピ提供フリーランスで編集関係の仕事に携わるkuricoさん】

 

淡雪ポテト+オリーブオイル。

毎日つくれる、つくりたい、ふだんの和のおかずレシピをご紹介します。

食材は2~3種、調理もシンプルに。

でもサンタテアのオリーブオイルをプラスすると、とびきりおいしい一品にグレードアッ プ。

キッチンにある材料で簡単につくれるから、さっそく今夜の食卓に登場させてくださいね

 

「ポテサラはよくつくるけれど、粉ふきいもはあんまり...」

そんな方に、ぜひ試していただきたいのが、今回の"しっとり粉ふきいも"。

 

コツは2つだけ。 ジャガイモ、ニンジンを小さめにカットすることと、水分を飛ばしきらないで仕上げるこ と。

 

これで調理時間がスピーディーになり、淡雪のようなジャガイモのヴェールにオリーブオイ ルがとろりと絡む、絶品おかずに。

 

しっとり感が持続するので、お弁当にもgood! コーンがなければジャガイモとニンジンだけでも充分。お好みでサヤインゲンやツナなどを 加えると、ボリューム満点のメインおかずになります。

 

また斜め切りバゲットにレタス、ハム、チーズ、オリーブなどと一緒に盛れば、おしゃれな タルティーヌの完成。

休日のブランチに、ワインとも合いますよ!

 

今回使った【美味しいオリーブオイル】はサンタテアのロングセラー、オリーブ ネー レ。

まろやかで野菜の旨みを引き立てます。

 

 

美味しいオリーブオイル : オリーブ・ネーレの詳しいご説明はこちら。