特別企画【O di Olio】

【新オリーブオイル】

2017年秋収獲・搾油、第2陣入荷、好評発売中


 JOOP 2017 国際オリーブオイルコンテスト

【ミディアム部門ブロンズ賞】および

【最高ポリフェノール含有賞】をダブル受賞!


このオリーブオイルは、イタリア政府公認オリーブオイル鑑定士の私が日本のみなさまに「お届けしたい特別な夢」の表現です。

日本初上陸、エキストラバージン・オリーブオイル 

 

特別企画【O di Olio】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ニュース !!   

特別企画【O di Olio】

JOOP 2017 ダブル受賞いたしました!

【ミディアム部門・ブロンズ賞】および【最高ポリフェノール含有賞】



 【O di Olio】

2017年秋収穫・搾油の新オイル

エキストラバージン・オリーブオイル

250ml ボトル 

 

3,780円 (税込)


 2017年JOOP国際オリーブオイルコンテストでダブル優勝


【最高ポリフェノール含有賞】  BIOFENOLI COI/T.20/Doc 29/2009

801 mg/kg 


JOOP 国際オリーブオイルコンテスト:

2014年の第1回目コンテストから、毎年開催、今年で5回目。

主催: 在日イタリア商工会議所

後援: イタリア大使館、ギリシャ大使館、トルコ大使館、クロアチア大使館、日本オリーブ協会


←「ターザン」5月25日号に特集されました。



【FMラジオ局にお勤めの ICさん】

昨夜から堪能しております!

コレは食を楽しむ贅沢ですね。

カラいという感覚は私にはあまりないです。

香りヨシ、フレッシュさヨシ、

何も舌に残らないこの上質さ、おかげさまで食べ過ぎております。

 

怒られるかもしれませんが、玄米ご飯に麦みそとオリーブオイルというのが

私の大好物です。

 

色とりどりのたくさんのお野菜、生のお魚、パンなどなど楽しんだ後に、ご飯の幸せに浸っております。

 

【海外生活が長い YYさん】

O di Olio、和食にも良くあいます。

ヒジキや切り干し大根の煮付け、ワカメの酢の物にもかけてます。美味しいです。 

【北陸から Y子さん】

夢のオリーブオイル「O di Olio」届くのが楽しみです!

大切な友人へのプレゼントにと思って購入しました😊

出会ったことのないお味に感激してくれる事間違いなしですね〜

和食にも合う事も伝えたいと思います。

【イタリアが大好きな YAさん】

しゃもと「O di Olio」の抜群な味わい、これぞ素材を堪能して、より豊かな正しい食。食べればわかるのですね。


【フリー編集者の Tさん】

新しい納豆を見つけて「O di Olio」で食べてみました。

茨城産。粘りゼロで、タレもカラシもなし。

オリーブオイルと塩で味付けしたら、超おいしい。

ネバネバがないぶん、納豆の味がダイレクトに感じられ、

普通の納豆よりホッコリしてて甘くて、

何にもつけなくてもいいくらい。カラ口のO di Olioがぴったり合います。写真を送ります。



イタリア政府公認オリーブオイル鑑定士の総店長 おすすめポイント

 

● JOOP国際オリーブオイル・コンテストでダブル優勝の最高グレードオイルを独自にブレンドして生まれた、オリジナルブレンドの希少オイル

 

● イタリア産の風味がありながら日本人に合う味にチャレンジした、日本人が懐かしさを感じるイタリアンなオイル

 

● イタリア政府公認オリーブオイル鑑定士資格を持つ若いオーナー兄妹が情熱を込めて造った大量生産とは異なるこだわりオイル

 



個性あふれる3つの魅力

 

〈その1〉繊細で澄みきった味わいに続く、キレのあるのどごし。

 

〈その2〉トスカーナ産オイルの特徴でもある、刺激的な辛み。

 

〈その3〉和の「旨み」に通じる、懐かしい風味。


 【O di Olio】

2017年秋収穫・搾油の新オイル

エキストラバージン・オリーブオイル

250ml ボトル 

 

3,780円 (税込)



造り手【I SERGENTI】インフォメーション

 

【栽培地】 トスカーナ州、カッシャ・レジェーロ

【栽培法】 イタリア有機栽培「ビオ」農法認定

【海抜】300メーターの丘陵、南斜面

【土壌質】石英を多く含み、石灰岩はわずかで、粘土が混じらない特異土壌

【収穫量・搾油率】微気候と特異土壌のため収穫量および、搾油率は平均以下

【品種】フラントイオ、モライオーロ、レッチーノ

【樹数】約 1,500本 

【樹間隔】トスカーナ伝統の広間隔オリーブ園

【収穫時期】10〜11月 

【収穫法】手摘みおよび、補助装置使用

【搾油開始】摘み取りから4時間以内

【粉砕】 ハンマー式粉砕装置 

【練り込み】水平型練り込み機、窒素充填

【抽出】 遠心分離式 (デカンター)

【濾過フィルター】 最新カートンシート式

【フィルターがけ】遠心分離直後にフィルターがけ

【ボトリング】 自社瓶詰め

商品インフォメーション

 

【商品名】 O di Olio Biologico

【商品名】オ ディ オリオ ビオロジコ

【商品】 エキストラバージン・オリーブオイル

【タイプ】 ミディアム・ストロング・フルーティー

【ボトル】250ml、500ml 遮光ボトル

【キャップ】衛生的かつ経済的に適量を注げるアンチリフィル注ぎ口キャップ

【保存】保存は冷暗所で。

【賞味期限】2019年7月8日

【生産者】I SERGENTI

【輸送方法】空輸 (イタリア→日本)

【保管】 国内の温度管理された専門倉庫

【国内配送】夏季はヤマト運輸のクール便を使用、輸送中の熱による劣化を防止

 化学分析結果 【2017年秋 収穫の結果】

 

 

単位

分析値

EU規定値

酸度

%

0.19

< 0.8

過酸化物

meq O2/kg

6.4

< 20

K232

-

2.15

< 2.5

K268

-

0.19

< 0.23

デルタ K

-

0.006

< 0.01

バイオフェノール

mg/kg

558

 ー

トコフェノール

mg/kg

184

 ー

 

【補足説明】

【酸度】とは、一般的にはオリーブオイルの新鮮さを示しますが、工業精製オリーブオイルでも、低い酸度で生産が可能です。自然のオリーブオイルにはそれぞれの個性的な味と香りが感じられます。

 

【K232 K268】はオリーブオイルに含まれる弱酸性物質の量、少ないほど鮮度が良い。

 

【バイオフェノール値】オリーブオイルに自然に含まれる、いわゆるポリフェノールの量。抗酸化物質ですから、オリーブオイル自身を酸化から守ります。私たち人間の体内に入るとアンチエイジング効果があるといわれています。

 

【トコフェノール】は、いわゆるビタミンE。 合成されたビタミンEではなく、自然のビタミンEは活性酸素を除去する抗酸化作用、さらに、抗不妊作用、血行促進、など人体に有効といわれています。

 

 風味特徴

 

【プロフーモ・香り】 ミディアム・フルーティーな香り。 

【官能テスト・香り】 フレッシュアーモンド、刈り取ったばかりの青い草、アーティチョーク。

【テイスト・味】バランス,ハーモニーが素晴らしく、フレッシュでクリアー。

【官能テスト・味】ミディアム・ストロングの辛みと苦み。

【総合】大地の恵みが口の中に広がり、フレッシュな果実味からオリーブの強い生命力を感じる変化が素晴らしい。

【収穫量・搾油率】微気候と特異土壌のため収穫量および、搾油率は平均以下

【カラー・色】グリーンに淡いゴールド

【マリアージュ・食材】生野菜、温野菜、グリル野菜の風味を引き立てます。口の中にピリッとした辛み野菜の旨みと混じって広がり、大量の野菜も一気に食べてしまいます。パスタやスープの仕上げに、肉や魚のグリルにお醤油代わりに回しかけてください。減塩にもなります。

 【O di Olio】

2017年秋収穫・搾油の新オイル

エキストラバージン・オリーブオイル

250ml ボトル

 

3,780円 (税込)



【O di Olio】の誕生までのエピソード

 

45年のイタリア生活で食べ続けてきた、家庭料理で毎日当たり前に使われる美味しいオリーブオイル。それを、日本では、手に入れるのが難しいことが、なんとも残念でたまりませんでした。

 

お世話になったイタリア、トスカーナへの恩返しの気持ちで、本物のオリーブオイルをご紹介しようと始めたのが、トスカーナ 産のオリーブオイルのネット販売です。

 

私は3年前にイタリア政府公認オリーブオイル鑑定士資格を取得し、国際オリーブオイルコンテストの審査員テイスターを務め、毎シーズン何百というオリーブオイルをテイスティングしています。

 

そして、オリーブオイル鑑定士として自信を持っておすすめする、トスカーナの老舗ブランド・サンタテアのオリーブオイルをみなさまにお届けしています。

 

今回の特別企画のオイルの造り手I SERGENTIはファミリー経営で、オーナーの若い兄妹は2年前のイタリア政府公認のオリーブオイル鑑定士を合格した同期仲間。オリーブオイルを作り始めて4年ほどですが、トップクオリティーを目指す、こだわりの造り手です。

 

2016年秋収穫・搾油の彼らの新オイルをテイスティングさせてもらったときに、彼らがベストと認めたオイル3タイプの中に、具体的な説明は難しいですが、確かに「懐かしい」味と香りのタイプを持った新オイルを見つけたのです。それも、日本人の味覚に響く懐かしさです。

 

もう、科学的でもなく、具体的な説明の範囲を超えてしまった表現しかできませんが、そういうオリーブオイルに出会うことが、まれにあります。

オリーブオイルはワインと同じように、香りと味が全く同じのものは存在しません。そして、収穫・搾油年によっても出来が大きく変わってしまうので、同じ造り手の同じタイプのオリーブオイルでも、毎年異なるオイルが生まれる、一期一会の世界なのです。

 

そこで、彼らに特別に超イタリアンで、超トスカーナで、しかも日本人をうならせる「夢のオリーブオイル」を私のオリジナルブレンドで造ってほしいとダメもとで話してみました。答えは "Certo (もちろん)"。 そして2人の情熱あふれる協力のもと【特別企画 O di Olio】オイルが誕生したのです。

 

トスカーナオリーブオイルの魅力満載で、バランスの取れた、豊かな香りと味を備え、私が発見したブレンドにより「懐かしい味」が極立つ、絶品のオイルです。

 

ぜひ、この特別なオリーブオイルをみなさまにも味わっていただきたいと想いを込めてお届けいたします。 上記の「化学分析結果表」でバイオフェノール値(ポリフェノール値)が801mg/kgと非常に高い数値ですので、優れた抗酸化効果でオリーブオイル自身も守っており、ちょうど、これからが食べ頃になります。

栽培畑は、イタリア政府認定の「ビオ」、いわゆるオーガニック認定を今年も取得しており、ラベルに「ビオ」認定マークが付いています。

 

タイプは、ミディアム・ストロング・フルーティー。華やかですっきり&ピュアな辛口は、食べ始めると止まらなくなります!

 

【O di Olio】のネーミングにもふれておきましょう。 スペリングを伝えるときに「Americaの "A"、Parisの "P"」などと、わかりやすい単語を挙げて説明します。オリーブとオイルの頭文字は、どちらも "O" 。「オリーブの "O" はOilの "O"」。 つまりイタリア語では【O di Olio】。

また、大好きなAlessiのブランド名 【A di Alessi】にもインスパイアされています。

 

【O di Olio】は希少ロットですが、オリジナルのラベルを作りました。

限定デザインはフィレンツェ在住の日本人グラフィックデザイナー Emi さんによるもの。

キレのある、シャープでおしゃれなラベルも、ぜひ食卓でお楽しみください。

Emiさんのサイトはこちらです、http://punto.exp.jp/ フィレンツェで通訳のお仕事もされています、通訳をお捜しの方はぜひ!


造り手 I SERGENTI社の受賞歴

 2016年JOOP国際オリーブオイルコンテストでダブル優勝

 

在日イタリア商工会議所の国際オリーブオイルコンテストで「ミディアム・ストロングカテゴリー(グリーンアーモンドの香り)部門」および「ベストオーガニック賞」でのダブル優勝


 2016年ドイツ国際有機栽培オリーブオイルコンテストBIOPRESSで金賞受賞


 2016年 スローフード協会 OLIO SLOW 2016 認定



O di Olio

日本初上陸、限定数量生産の特別企画【O di Olio】はいかがですか? 

ご注文は「購入する」ボタンを押して進んで下さい。

【O di Olio】

2017年秋収穫・搾油 エキストラバージン・オリーブオイル 

3,780円 (税込)