カボチャの香草オーブン焼き トスカーナ風

 

【材料】 (2人分)

 

  カボチャ: 5ミリ程度の薄切り

  ニンニク: 1片

  ロースマリー: 市販の大きさで2房

  塩、胡椒   適量

  エキストラ・バージンオリーブオイル:適量 

 

【作り方】

  1. ローズマリーの葉を茎から外し、ニンニクと一緒に、みじん切りにする。
  2. カボチャをオーブン容器に重ねずに入れて塩、胡椒をする。
  3. カボチャに①を均等に振りかけエキストラ・バージンオリーブオイルを振りかける
  4. オーブン(200度)で10分間、その後続けて180度で10-20分間くらい焼く。
  5. お皿に盛りつけ、アツアツでいただく。

モニカのレシピでボナペティート !

 

【フィオレンティーナ モニカのトスカーナレシピです】

 

これからご紹介するレシピは私がマンマ(母)から教わった

代々家族の女性に受け継がれてきた典型的なトスカーナ・

フィオレンティーナの家庭料理です。

 

みなさんが作って、おいしいと言っていただければ幸せです。

私が東京に5年間住んだ経験を生かして、日本で手に入る素材を使いオリジナルに再現できるレシピを毎回ご紹介します。

 

初回のお料理は旬の野菜の付け合わせのサイド・ディッシュです。

ヘルシーで軽めのお料理なので私のお気に入り、しかも、イングレの数がすくなくても相乗効果でおいしさを高める一品です。

 

ローズマリーはイタリアでは昔から「薬草」植物として知られ健康効果をもたらす成分が含まれていると言われていてイタリア中央ー南部に野生でも生えている常緑樹です。

 

今回使った【美味しいオリーブオイル】はカボチャの甘みを引き立てサラッとした仕上がりにするサンタテアの定番ロングセール商品オリーブ・ヴェルディの相性が抜群でおすすめです。                 

 

風味あふれる美味しいオリーブオイル : オリーブ・ヴェルディの詳しいご説明はこちら