牡蠣の味噌汁

【材料】 (2人分)

  だし汁                  500ml

  牡蠣                      適量

  米味噌                  大さじ1

  赤味噌                  小さじ1

  豆乳(無調整)          80100ml

  片栗粉                   適量

  酒                         適量

  三つ葉(あれば)        適宜      

  サンタテア・オリーブオイル  

  "オリーブ ネーレ"     適量

 

【作り方】

  1. 牡蠣はボウルに入れ、水でよくふり洗いをして、ざるにあげ、軽く酒をふっておく。
  2.  鍋にだし汁を入れ火にかける。
  3. ①の牡蠣をキッチンペーパーなどで水けを拭き取り、片栗粉を薄くまぶす。
  4.  だし汁が煮立ってきたら、③の牡蠣の余分な粉をはたいてから、鍋に入れ、中に火が通るまで3~4分煮る。
  5.  いったん火を止めて、味噌を溶き入れる。
  6.  再び火にかけ、鍋の縁がフツフツしてきたら、豆乳(量はお好みで調整を)を入れて混ぜあわせ、火を止め、器に盛る。無調整豆乳は煮立てると、モロモロと分離してくるのでご注意!
  7. 仕上げにサンタテアの"オリーブ  ネーレ"を回しかけ、あれば吸い口に三つ葉などを添える。豆乳で薄まるぶん、赤味噌を少し合わせてコクを出しましたが、味噌や量はお好みで。

 【レシピ提供フリーランスで編集関係の仕事に携わるkuricoさん】

 

今回ご紹介するのは、お味噌汁。

寒い日が続くこの時期は特にうれしい、和のおうちご飯の王様!ですよね。

 

野菜、豆腐、肉、魚介……

具は何でもござれと、ふところの深いお味噌汁ですが、今回は豆乳とオリーブオイルで大変身。

 

具はシンプルに牡蠣のみで。

寄せ鍋に入れたり、フライにしたりはおなじみですが、お味噌汁に仕立てるのも意外にイケるんですよ。

 

片栗粉の薄ごろもで、牡蠣のプリプリ感と、つるんとした舌触りが存分に味わえます。

 

そして牡蠣の旨みを包むクリーミーな豆乳、まろやかなコクと香りをプラスしてくれるオリーブオイル。

口に広がる三重奏は、冬の至福!

 

サンタテアのエキストラ・バージン・オリーブオイル"オリーブ ネーレ"は、温かい汁物やスープの仕上げに回しかけると、ナッツのような甘くコクのある熟成ブラックオリーブの香りがフワッと立ちのぼります。

 

オリーブオイルのテイスティングでも、オイルを入れた専用グラスを手のひらで包み温めて、香りを鑑定します。これは常温のときより、さらに香りの特徴が感じられるから。

 

まさに、おいしいオリーブオイルの条件でもある"香り"をたっぷり満喫できる、お味噌汁+オリーブオイル。

この冬の定番のひとつに、ぜひ加えてみてくださいね。

 

おなかも心もあたたまる一杯を

どうぞ召し上がれ!

 

このレシピに使っていただきたい美味しいおすすめのオリーブオイルは:オリーブ・ネーレ

 

オリーブ・ネーレの詳しいご説明はこちら。