塩麹鶏のホットサラダ オリーブオイルと粒マスタード

【材料】(2人分)

  鶏ささみ      3本

  春菊        適量

  椎茸        3枚

  塩麹        大1

  酒・水       各適量

  粒マスタード    適量

  サンタテア オリーブオイル

  ”オリーブ ヴェルディ” 適量

 

【作り方】

  1. ささみは筋を取り、数カ所切り目を入れて塩麹をもみ込み、冷蔵庫で30分以上おく。
  2. 春菊は若葉部分を摘み、洗ってざるにあげ、水けをきる。
  3. ①を耐熱容器に入れ、酒を振り、ひたひたより少なめになるくらいの水を加えてラップをかけ、電子レンジ500Wで5~6分加熱する。(途中で一度裏返し、加熱ムラを防ぐ。ささみの大きさにもよるので、様子をみながら加熱時間の調整を)
  4. 椎茸をグリルで、焼き色がつくまで焼く。
  5. ③を小さく裂き(熱いのでご注意! 菜ばしやフォークを使ってもOK)、④を細切りにし、②と一緒にサラダボウルに入れる。
  6. 粒マスタードを加え、サンタテア ”オリーブ ヴェルディ”をたっぷり回しかけ、混ぜあわせれば出来上がり!

レシピ提供フリーランスで編集関係の仕事に携わるkuricoさん】

 

春菊のサラダは未体験」という方に。ぜひともお試しいただきたいのが今回の一品。

サラダ用春菊や葉先のまるいタイプが手に入れば、そちらを。  

普通の春菊でも、もちろんOKです。 

先端の、柔らかい若葉を使うといいですよ。

生の春菊は食感がとてもみずみずしく、野生のハーブのようなワイルドな風味に、きっと驚かれるはず!

何より、サンタテアのトスカーナ産オリーブオイル ”オリーブ ヴェルディ” との相性が抜群なんです。それもそのはず、なんと春菊の原産地は地中海地方だったんですね~。

塩麹のやさしい塩加減と粒マスタードの酸味、”オリーブ ヴェルディ”の軽やかなコクは、どんなドレッシングにも負けない組み合わせ。 グリルした椎茸の香ばしさも、たまりません。

写真では春菊と鶏肉を分けて盛りつけしましたが、おうちではサラダボウルでサクッと混ぜあわせ、たっぷりとオリーブオイルをかけて召し上がれ!

このレシピにおすすめの美味しいオリーブオイルは オリーブ・ヴェルディ、フラントイオ種とモライオーロ種の若いグリーンの実だけを搾り、軽やかでいてフレッシュな辛みも味わえる、大人気の定番オイルです。

オリーブ・ヴェルディの詳しいご説明はこちら。