Olisir (1).jpg
オリーブオイルの貴婦人 Olisir

香りも味わいもきれいなオリーブオイル

生産者のクレメンテは物理学を卒業した異色の造り手。彼は「キャンティ地方の大地」「ヴィッラの庭に育つハーブ」をアプローチが大切、トスカーナ・オリーブオイルの本質である「大地の香り」「スパイシーな味わい」を極めた世界観を持っている。中世に建造されたヴィッラから眺望する領地に樹間隔を贅沢にたっぷり取り伸び伸びと育つオリーブ畑が広がる。彼は人間とオリーブの共存を意識し、人間のエゴで収穫量を増やすため人工的に樹形を整える剪定を嫌う。できる限り樹に負担をかけず、オリーブ自身の活力が発揮され、その結果、健康で力強い実が収穫できるという理論を元に独特の剪定を施す。彼が手塩に掛けたオリーブ園は、自然体に景色に溶け込んでいる。

 

原産地保護呼称DOP Chianti Classico認定オリーブオイルは限定地域の特色を備えたものでなければならない、その上でクレメンテはスケールを超えたオイル造りを目指している。

 

物理学科を卒業したクレメンテは伝統的なオイルを尊重しつつ、最新機能の搾油設備を駆使することで緻密に設計されたアプローチ挑戦し続けている。

DSC_7270 (1).jpg

その彼に、彼が描きたい美しいキャンティの「光」「風」「大地」を感じるエレガントでバランスがよいオイルを創って欲しいとリクエスト。

 

出来上がったよ、と連絡を受け、ヴィッラの広間でテイスティング。

 

香りも味も最高にきれいなオイルとしか言いようがない! 衝撃のオイルが完成。

 

こんなにすごいオイルは、名前をつけてあげたいねとお互いに意見が一致。2~3日してクレメンテが”OLISIR”(オリジール)に決めたよと連絡。

造語で “Oliveの貴婦人” というイメージが浮かぶネーミングが付いた希少なオイル用にオリジナル・ラベルを作成。

 

すっきりした青い果実の香りを楽しみ、口に含むと「旨み」と錯覚する様なフレッシュ・アーモンドの味わいがすっと口に広がり、「間」を置いて、クレメンテのヴィッラ庭園に育つハーブの若葉が遊びだしてくる、それを追いかけキレの良い辛みと最後にバランスのとれた苦みの最終章。

 

至福のオリーブオイルを皆さんに味わって頂き、きれいだね~とつぶやいてもらえれば最高にハッピーです。

 

エレガントなOlisirは繊細な味わいの食材に最適ですが、美味し過ぎて何にでも掛けてしまうでしょう。