Leccio del Corno.jpg

​グイドの祖父GUIDOとレッチョ・デル・コルノの物語

Solaia 農園の若きオーナー・グイドと新オイルをテイスティングしている時、ふと、壁にかかっている古びた卒業証書が目に入った。目を凝らして字を追っていくと、名前が”GUIDO”と書かれているのが読み取れた。日付は1936年だ。グイドがこれは俺の宝物なんだよと語ってくれた物語がすごかった。

 

「時は90年前の1929年2月、20世紀で最大と言われる寒波がイタリアを直撃した。小作人農家に生まれた祖父が農夫として働いていた、オリーブ、ブドウの栽培や、穀物や豆類、野菜を作る地主の農園も積雪40cm、零下10度が2月11日から14日まで続き、低温に弱いオリーブはことごとく枯れてしまった。ところが、春になり枯れて葉を落としてしまった樹々が連なるオリーブ園に元気に銀緑の葉を春風にそよがせる2本のオリーブを発見した。

大寒波を生き抜いた当時は名前も無かった、サンカッシャーノ地域の土着品種オリーブは接ぎ木や挿し木で増やされ、寒さに強く、収穫量も多く、フルーティーな香りと味の美味しいオリーブオイルが取れる品種として知られるようになった。

ちょうどその頃、イタリアで小作制度が廃止され、グイドの祖父のGUIDOは国立オリーブ栽培組合で研修して、フィレンツェ県のオリーブ栽培技能資格(ディプロマ)を1936年に取得して、このサンカッシャーノの土着品種の純血種の交配研究などに係わることになった。1952年、祖父GUIDOが働いていたCORNO農園で育てられた純血種が、農園の名前を冠した”LECCIO DEL CORNO”として正式にオリーブ品種に認定された。

以來、グイドの一家はLeccio del Cornoを一家のオリーブ園で代々栽培し、今では2000本を栽培し、10月~11月にプックリ膨れた実を摘み取り、単一品種のオリーブオイルを造るのが家伝となっている。

 

SOLAIAのLECCIO DEL CORNOはトスカーナ エ トスカーナが今シーズンよりエクスクルージブで輸入・販売を開始。

 

オイルと思えないすっきり感ながら旨味がとてもあり、品が良く、なおかつ、圧倒的な存在感がある SOLAIAレッチョ・デル・コルノ。

スクリーンショット 2020-04-08 13.29.01.png
Leccio delCorno Diploma.jpg
Leccio del Corno2.png

Leccio del Corno 

レッチョ・デル・コルノ

  • トスカーナ州サンカッシャーノ原産。

  • 上方に成長し、枝ぶりが密。他家受粉で花粉媒介はPendolino,Frantoio

  • 中型(1.5〜2g)の実は卵形。ポリフェノール含有量が多い

  • 寒冷に強い。搾油率は平均19%

  • 10月〜11月に収穫。

  • ​高密度、超高密度栽培にも適している。

Leccio del Corno 3.jpg