Frantoio 1.jpg

主役中の主役がフラントイオだ!

トスカーナのオリーブ畑では必ずと言っていいほど、しだれ柳のごとく青い緑で大粒の実をたわわに付けた枝を風に揺らしているフラントイオを見ることができます。

トスカーナ原産のフラントイオはその魅力的なフレッシュアーモンドの香りとスッキリしたフルーティーな味覚、そしてキレの良い辛みを備えた、トスカーナブレンドオイルで主役中の主役の座を占める、素晴らしいオイルが搾れる品種です。

冷害に弱く、デリケートですが、天候に味方されたシーズンに収穫されたフラントイオは軽くスッキリとしたフルーティーさ、フレッシュなハーブの感覚とバランスの取れたアロマ・テースト、そしてぴりっとした刺激が一度に口の中に広がって行くのが楽しめます。

 

オイル・エキスパートが探り取るアロマは、青いリンゴ、アーティーチョーク、マジョラム、ローズマリー、レタス、セロリ、アーモンドなどがあり、使う方が多彩なニュアンスの味覚探求を楽しめるオイルです。

爽やかな香りで大変食べやすく、山盛りの生野菜を食べたい時のサラダに最適、また、旬のお野菜を薄くスライスしお好きな焼き加減で焼いたあと、フルーティーなオリーブオイルをかければ美味しいアンティパストになります。

フラントイオ畑.jpg

 Frantoio-フラントイオ 

  • トスカーナ原産。イタリア中央部で多く栽培。丘陵地形が最適。

  • 5月末~6月初めに開花、結実は木の中央部から下部。

  • やや枝垂れぎみの枝ぶり。

  • 先端が尖った楕円形グレー味がかった緑の葉。

  • 実は2~3g の中〜大型。若干、左右非対称な楕円体。

  • 実の色は緑 → 赤 → 赤紫 → 紫 → 黒紫に変化する。

  • 収穫は10〜11月。

  • 安定した高い搾油率(18〜21%)。

  • 濃い緑色のオリーブオイル。